種類がある

young girl beautiful blonde

キャバクラといえば、夜にオープンして営業をしているというイメージを持つ人が多いでしょう。しかし、今ではそのようなイメージがなくなってきているのです。
近年、一口にキャバクラといってもいくつかの種類が出てきているのです。夜のイメージが強いですが、現在は朝方に営業する朝キャバや、昼に営業する昼キャバというものも存在しているのです。
事情で朝や昼にしかキャバクラに行くことができないという男性が多いのでこのような営業形態のお店が誕生したそうです。
そのため、キャバ嬢として働くとなると朝・昼・晩のどこで働くのかを選ぶことになります。朝と夜では客層が変わってくるのでそこも考えながらお店を選んでいかなければなりません。

朝や昼のキャバクラの客層は、夜と違いサラリーマンは少ない傾向です。一体どのようなお客さんが来るのかというと、朝まで飲んでいた人、ホスト、風俗やキャバクラのボーイが多いです。
特に朝キャバは同業者や夜から朝にかけて飲んでいる男性が多いです。昼キャバも似ていますが、ホストやボーイは仕事の為に眠る時間帯なので、少なくなります。
かといって一般客も少ないので朝や夜と比べて昼は最もお客さんが少ない営業形態でしょう。
そのため、夜などと比べて稼ぎは少なるかもしれませんがマイペースに働きたい、お小遣い稼ぎをしたいという人は昼キャバに向いているかもしれません。
また、夜のキャバクラにいきなりチャレンジするのは躊躇するという人は朝や昼のキャバクラで慣れておくというのもおススメです。